業務用銀塩写真デジタルプリンタの色空間について

      2016/03/17

弊社の銀塩プリンタは高彩度色や蛍光色は少々苦手です。

業務用銀塩写真デジタルプリンタは、扱うことのできる色空間が、コンピュータのディスプレイより狭いです。

コンピュータディスプレイは、通常sRGBの色空間ですが、業務用銀塩写真デジタルプリンタはその特性上、「鮮やかな赤」方面が狭いです。

写真全体で言うと、普通のディスプレイでJPEGファイルの写真を見たときより、銀塩写真の方が、やや暗めに、特に明るい赤はあせた感じに(良く言うと、しっとりと落ち着いた色に)見えます。

弊社の事例で、蛍光色の緑や黄緑の色が、黄色に置き換えられたことがあります。

このように高彩度色や蛍光色は、弊社のプリンタが苦手な色です。

弊社のフォトマイスターの技術により、できる限りの補正をさせていただきます。

全体的に色温度が低めで、鮮やかな赤系色の多い、高彩度色なお写真をプリントすると、ディスプレイと比較すれば、印象の違ったものになります。

もちろんこれは、あえて比較すると、という意味です。銀塩写真が色あせているという意味ではありません。

コンピュータ画面で見たり、家庭用プリンターで印刷したりすると、いつもギラギラした色に見えると思っている方には、銀塩プリントされることをおすすめします。

また、そのような高彩度色のお写真であっても、弊社のフォトマイスターの技術により、お写真のイメージを崩さないように、微調整を行わせていただきますので、ご安心ください。

Wikipedia 「色空間」

Wkipedia 「色温度」

 

 

 - 写真の豆知識